福岡の小麦が福岡のラーメンをもっと美味しくする。

2018.2.26

ちくしW2号(ラー麦)生育状況!

昨年の11月に種まきした「ちくしW2号(ラー麦)」が順調に育っています!

1月~2月は麦にとって重要なときで、「麦踏み」や「土入れ」、追加の肥料やり等が行われています。

「麦踏み」は、その名のとおりローラー等で麦を踏む作業のことで、茎数の増加や根の張りを良くする効果があります。

「土入れ」は、成長が遅い茎の発生を抑制することで、生育が一定になり品質を向上させます。また、雑草抑制や排水性の向上にも効果があります。

3月5日(月)には、生産者と県内のほ場を巡回し、生育状況の確認と今後の栽培管理の研修会を行い、収穫量と品質の向上に努めていきます!s-30.02.22. ちくしW2号(八女)①s-30.02.22. ちくしW2号(八女)⑥

筑後市内のほ場

新着情報一覧へ戻る

JA全農ふくれん
福岡県庁
めし丸くんHP
musubime
お取り寄せ 産地直送JAタウン
ファームステーション福岡
JAグループ福岡・JA全農ふくれん
トップへ